これまで、韓国の雑誌も含めて、オニュさんのインタビュー記事はなるべく読むようにしてきましたが、ここまでオニュさんの核心に迫る内容は初めてのように思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました