ジョン君自身も、あの優しくて柔らかいオニュ君の歌声に魅力されていた一人で

▼愛のぽちをよろしくお願いいたします

スポンサーリンク